Loading...
24時間365日の訪問看護サービス
Member
メンバー紹介
  • HOME »
  • メンバー紹介

家に帰れる”選択肢を広め、
家に帰りたい全ての人を支えたい

ウィル訪問看護ステーション江戸川 所長
WyL株式会社 代表取締役 看護師・保健師

岩本 大希
 - Taiki Iwamoto - 

紹介

総合大学の看護医療学部を卒業後、神奈川県相模原市にある北里大学病院の救命救急センターのICU等で看護師として従事。三次救急のドラマティックな看護を経験しながら、患者が家に帰りたくても帰れないことで救急車のたらいまわしが起こる「ベッドの玉突き事故問題」や、突然の搬送・救命治療での充分な意思決定の時間が足りない事を問題と捉え、在宅医療・ケアの受け皿としてヘルスケアベンチャーにて24時間365日対応の訪問看護事業を起こす。

■全ての人へ家に帰る選択肢を提供するために

2事業所、総勢約30名の看護職、年間40名以上の看取りを行うまで事業を拡大。”看取り難民問題”に限らず、身体・精神等に障がいを抱える方や、医療的ケア児、独居の高齢者など、”全ての人へ家に帰る選択肢を”提供するために、より在宅看護・ケアを拡充することを目的として2016年に独立し現在に至る。


■経歴

2010年 慶応義塾大学看護医療学部卒業
2010年 北里大学病院救命救急センター ICU勤務
2012年 ケアプロ株式会社 訪問看護事業立ち上げ、ケアプロ訪問看護ステーション東京開設
2013年 聖路加国際大学と「きらきら訪問ナースセミナー」共同事業「きらきら訪問ナース研究会」立ち上げ
2014年 島根県雲南市で「地方創生事業による中山間地域における訪問看護事業支援」として1年間のハンズオン支援
2015年  全国訪問看護事業協会より新卒訪問看護師教育ガイド発刊
2016年 WyL㈱設立 代表取締役、ウィル訪問看護ステーション江戸川開設 所長


■現職

㈱ゆいんちゅ 取締役 ウィル訪問看護ステーション豊見城
㈱在宅医療支援機構設立 取締役
㈳OMAHASYSTEMJAPAN設立 理事
聖路加国際大学博士課程前期 在宅看護学専攻 上級実践コース
東京訪問看護ステーション協議会 研修委員
㈳東京都訪問看護ステーション協会 研修委員長


■主な執筆/出版

■NusingVCanvas編集室編,(2017)NursingCanvas9対象を理解して学ぶ領域別コミュニケーション,自宅や施設で療養する患者さんの理解とコミュニケーション(在宅看護論)【学研メディカル秀潤社,142pp】
■NursingCanvas連載,今知りたい医療看護のこと,2015/4-2017/3【学研メディカル秀潤社】
■日本在宅ケア学会編,(2015)在宅ケア学第2巻在宅ケアと諸制度(95-101pp)【ワールドプランニング,139pp】
■宮崎和歌子編,(2015),訪問看護でいきいき働く-20のステーションから見えてきたキラリ看護の底力【メディカ出版,174pp】
■「訪問看護と介護」連載,訪問看護実践の成果とつながりを可視化するために日本語版オマハシステムの開発に向けて【医学書院】

最期までその人らしい人生を
”生ききる”ことを支えたい

WyL株式会社取締役 緩和ケア認定看護師
JPMCA認定医療コーディネーター

落合 実
 - Minoru Ochiai - 

紹介

高校卒業後、勤労学生として福岡市内の有床診療所に勤務しながら看護学校へ通学。 准看護師を経て看護師の資格取得後は大学病院、訪問看護ステーションと、勤務場所を変えながらも一貫して終末期患者の看護に従事。上京後は看護師勤務と平行してウェブデザインの学校や日本政策学校に通学し修了。現在は緩和ケア認定看護師として訪問看護に従事しながらウィル訪問看護ステーションの教育や広報、採用などの仕組み構築の一端を担う。

■最期まで健康的でいられるように

緩和ケア認定看護師として臨床にでて看護を提供することと併せて、全ての人に家に帰る選択肢が提供される社会を目指して、訪問看護の認知を広げるための広報や講演活動、事業コンサルティングなど行う。


■経歴

2005年  医療法人八田内科医院 勤務
2007年 福岡市医師会看護専門学校 看護高等課程 准看護師科 卒業
2010年 福岡市医師会看護専門学校 看護専門課程 看護師科 卒業
2010年 東京女子医大病院 勤務
2013年 ケアプロ株式会社 勤務
2013年 東京都福祉保健局 訪問看護ステーション管理者・指導者育成研修(応用コース)修了
2016年 緩和ケア認定看護師教育課程修了

2016年 WyL株式会社 勤務 取締役就任


■現職

WyL株式会社 取締役
ウィル訪問看護ステーション 緩和ケア認定看護師
在宅医療支援機構株式会社 アドバイザー
株式会社ケアポーター Nurese Consultant
株式会社Join for Kaigo コンサルタント
株式会社SCOUTER
帝京科学大学 非常勤講師
その他 


■主な出版や活動

■第8回プライマリ・ケア連合学会学術大会ワークショップ「患者ケアの質向上と医療者間コミュニケーションを劇的に向上させる看護師によるポケットエコーの活用法とその学習法(PELS教育コース)」 講師
■在宅新療2018年1月号“都市部の訪問看護から IoTやデバイスの有効活用” 執筆
■新潟県燕市 燕・西蒲原地区介護支援専門員協議会と燕・弥彦医療介護センター合同研修会 講師
■第3回 起業ナースの会研修会「働き続けたいと思える職場とは?人材定着から視るスタッフ目線の経営戦略」講師
■東京都看護協会「訪問看護フェスティバル~Only Oneの看護2017~」公開座談会ゲストスピーカー
■NURSE FES TOKYO2018運営委員

患者さんの気持ちへのケアに興味を持ち
精神科訪問看護に携わる

看護師 保健師

佐々木 美麗
 - Mirei Sasaki - 

紹介

一般企業にて勤務後、聖路加看護大学に進学。卒業後は身体疾患の看護に携わるが、患者さんの気持ちへのケアに興味を持ち、順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院へ入職。急性期閉鎖病棟で精神看護を経験する。現在は、聖路加国際大学大学院精神看護学専攻修士論文コースに進学し、精神看護を学びながら、非常勤として精神科訪問看護に携わっている。

可能な限り本人の意思を尊重した、
その人らしい最期を迎えられるための支援を

看護師 保健師

上元 達仁
 - Tatsuhito Kamimoto - 

紹介

弘前大学医学部看護学科卒業後、横浜栄共済病院のICUと東邦大学医療センター大森病院の救命救急センターにて勤務。救急搬送後に本人の意思疎通が困難なために治療の意思決定を家族へ委ねる場面、本人の意思尊重が出来ない場面を経験する中で、「可能な限り本人の意思を尊重した、その人らしい最期を迎えられるための支援は出来ないか」という思いから地域・在宅看護への興味を抱き、ウィル訪問看護ステーションに転職。急性期病棟での勤務経験を活かしながら在宅看護・慢性期医療などの新たな刺激を受け、看護の学びを深めている。

”家に帰りたい””家で暮らしたい”
そんな、こどもと家族を、支えたい。

看護師 保健師

澤柳 匠
 - Takumi Sawayanagi - 

紹介

慶應義塾大学看護医療学部を卒業後、慶應義塾大学病院小児病棟に勤務。小児がん、先天性疾患、慢性疾患の子供たちと関わる中で、病院での治療から継続的に在宅での療養生活に携わるべく訪問看護へ。訪問看護では小児以外にも精神、看取りなど少しずつ小児以外の経験も増やし看護の視野を広げている。現在は訪問看護に勤務する一方、病院での小児科勤務も継続し病院から在宅まで一貫した小児看護に従事している。

患者様の「早く家に帰りたい」「入院はしたくない」
という想いの強さを感じて。

看護師

前田 雄大
 - Yudai Maeda - 

紹介

鳳凰高等学校専門課程(5年一貫)卒業後、上尾中央総合病院手術室に勤務。勤務中の術前術後訪問で患者様から「早く家に帰りたい」「入院はしたくない」という想いの強さを知り、予防や在宅に必要性を感じた事で転職を決意。前職では右も左も解らない状況から一から看護や訪問看護を学び直し、看取りや新人・新卒教育担当としても従事。褥瘡委員会に所属しその経験を在宅でも活かすべく現職でも率先して皮膚排泄ケアやエコーを用いたケアに取り組んでいる。

待っているだけではなく必要な人へ看護を届けたい

看護師 コミュニティーナース
フォトグラファー

石塚 奈津
 - Natsu Isizuka - 

紹介

東京生まれ、下町育ち。学校教育における医療、保健への関心育成に興味があり看護師を目指す。帝京高等看護学院卒業後、地域医療を学びに総合内科病棟に従事。 同時に、人の思いを写す写真に興味を持ちフォトグラファーとしても活躍。病院退職後は、待っているだけではなく必要な人へ看護を届けたいと考え都心と下町での訪問看護を経験した。地域で幅広く活躍できるようコミュニティーナースとしても活動。

海外での活動経験も活かしながら
学生の頃より志していた訪問看護師へ。

看護師 保健師

荻野 理美
 - Satomi Ogino - 

紹介

千葉大学卒業後、江東区にあるがん研有明病院にて勤務。自宅に戻りたいとの希望がある患者さんがいても、訪問看護ステーションが直ぐに見つからず退院のタイミングを逃してしまうケースを数多く経験。退院支援、在宅療養への移行の難しさを感じつつ、退職後タンザニアにて6ヶ月医療ボランティアに従事した後、学生の頃より志していた訪問看護師へ。海外での活動経験も活かしながら、利用者が自宅や地域で過ごしていく為にはどうしたらいいのか模索しながら、日々の訪問を通して勉強中。

在宅移行に不安を抱える家族が多々いる現状を
目の当たりにし、訪問看護の道へ

看護師 保健師

川嶋 夏来
 - Natsuki Kawashima - 

紹介

慶應義塾大学看護医療学部卒業後、看護師として慶應義塾大学病院NICU・GCU病棟に勤務。病棟では、低出生体重児や先天性疾患を抱える児の急性期ケアに従事していたが、長期的且つ段階的治療や長期療養が必要となるケースが多く、我が子と共に暮らしたいが在宅移行に不安を抱える家族が多々いる現状を目の当たりにし訪問看護の道へ。現在、二児の母でもあり時短常勤としてワークライフバランスに配慮しながらウィル訪問看護ステーションに勤務。看護師として、そして子を持つ母として、在宅療養家族を支えるべく日々勉強中。

不安を抱える人々から相談を受ける中で
地域医療の大切さを感じ訪問看護の道へ。

看護師

小林 恭子
 - Kyoko Kobayashi - 

紹介

成田赤十字看護専門学校卒業後、成田赤十字病院循環器病棟・手術室にて勤務。手術看護師として千葉県内、都内の病院にて従事する傍ら、災害支援ナースとして災害看護について学び、熊本地震の際は阿蘇の避難所へ派遣される。避難所では地域を知る医療従事者がおらず、不安を抱える人々から相談を受ける中で地域医療の大切さを感じ訪問看護の道へ。

現在はウィル訪問看護ステーション江戸川に従事しながら医療とは違う分野でも苦痛の緩和や安心を与えられる看護師を目指してアロマセラピストとしても活動。

自分が好きな地域や家で、家族と長く過ごすために。

看護師・保健師

坂本 未希
 - Miki Sakamoto - 

紹介

宮城大学看護学部看護学科卒業後、長崎県五島中央病院へ入職。離島医療に関わる中で「家に帰りたい」という患者様の思いや家族の葛藤をみて、「医療福祉サービスが偏在する中でも地域で暮らすことは出来ないか」と思い訪問看護の道へ。訪問看護師として働き始めてからは「より長く地域で生活するためにはどうすればよいか?」という視点から早期発見・早期治療につなげられるように日々医療や看護について模索中。現在は非常勤として働きながら国際医療福祉大学大学院 修士課程 特定行為看護師養成分野に在学中。

その人の価値観や希望に焦点を当てた看護を実践したい

看護師

関口 優樹
 - Yuki Sekiguchi - 

紹介

東京医療保健大学在学中に医療系学生団体やNPOでの活動を通して地域医療や個を尊重した看護に関心を持つ。在宅では多様な視点から目の前の人を捉え、様々な手段を用いてその人の幸せや健康と向き合うことができると思い、新卒での訪問看護ステーションへの就職を決意し、縁あってウィル訪問看護ステーションに勤務。課題だけでなく、その人の価値観や希望に焦点を当てた看護を実践したいと思い日々奮闘中。

「地域で暮らし続けるには?」を自らに問い続けて

看護師 保健師

野中 有美
 - Yumi Nonaka - 

紹介

日本赤十字看護大学卒業後、横浜市立みなと赤十字病院に勤務。退院支援や意思決定支援をしていく中で「家に帰りたい」「家族と過ごしたい」という思いを持っている人の多さを知る。地域で暮らす人々の支えになりたい気持ちが強くなり、学生の頃から興味を持っていた訪問看護師へ転職。2018年春から現職。様々なケースを通して「地域で暮らし続けるには?」を自らに問い続けている。

子どもや家族が持っている力を信じ、
地域での生活を支えたい

看護師 保健師

和田 龍太郎
 - Ryutaro Wada - 

紹介

慶應義塾大学看護医療学部を卒業後、慶應義塾大学病院小児病棟に勤務。病院で闘病生活を送る小児がんや手術後の子どもや家族と関わる。退院後も継続した医療が必要な子どもや退院後の生活に不安を抱える家族を地域で支えたいと思い、訪問看護へ。病院での勤務も継続しつつ、在宅では子どもから終末期まで経験を増やし、自身の看護の幅を広げている。

退院後も自立した生活を送れるような
リハビリ支援の重要性を感じて

理学療法士

糸魚川 卓哉
 - Takuya Itoigawa - 

紹介

首都大学東京を卒業後、聖マリアンナ医科大学病院にてあらゆる科の急性期リハビリテーションに従事。そこで病気を未然に防ぐ予防医学、退院後も自立した生活を送れるようなリハビリ支援の重要性を感じ、練馬区にて訪問看護ステーションを立ち上げ在宅医療に従事する。現在は介護施設に対し課題解決型のコンサルティングを行いながら、訪問リハビリの知識を深めるために非常勤として働いている。

言語障害に興味を持ち、訪問リハビリ領域へ。

言語聴覚士

勝又 恵美
 - Emi Katsumata - 

紹介

一般企業に勤めている際に、言語障害に興味を持ち社会人入試にて国際医療福祉大学言語聴覚障害学科入学。卒業後、急性期、回復期リハビリテーション病院に勤務。認定言語聴覚士(摂食嚥下障害領域)。病院でリハビリテーションを行った後に、自宅に帰ってからのフォローが途絶えることが多くあったことから病院を退職したことをきっかけに訪問リハビリ領域へ。ウィル訪問看護ステーションの方針に共感し、訪問リハビリ新人として修行を始める。

精神科の病棟、訪問看護を経て、
心と体をつなぐリエゾンナースを志望

看護師 精神看護学修士

生田 深香
 - Emi Katsumata - 

紹介

札幌医科大衛短期大学部卒業後、虎ノ門循環器病棟勤務。そこで病気や苦痛の受け止め方、対処の仕方に人によって大きな違いがあることを感じ、患者さんの身体だけでなく心も見てゆく必要があるのではないかと考え、学習院大学文学部心理学科に進学。その後、精神科の病棟、訪問看護を経て、心と体をつなぐリエゾンナースを志望し、聖路加国際大学大学院精神看護学実践コースに進学。この春、卒業し次回認定審査受験予定。

江東事業所新規立ち上げメンバーとして従事

看護師 保健師

小林 秀美
 - Hidemi Kobayashi - 

紹介

名古屋大学卒業後、名古屋市の一般病院内科病棟にて主にがん看護に携わる。自宅へ帰りたくても帰れずに亡くなっていく患者様を病院で看取った経験や、あるがん末期の患者様が奇跡的に退院でき、自宅で最期を全うされたエピソードから、終末期看護や在宅看護への関心をもつようになる。その後元々興味のあった美容医療を1年経験後、看護師としてより社会や地域に貢献したい思いから転職を決意。ウィル訪問看護ステーションの理念への共感と一緒に働くスタッフに魅力を感じ、都内2店舗目である江東事業所新規立ち上げメンバーとして従事。

幼少期を過ごした町に、
訪問看護を通して社会貢献したい

看護師 保健師

櫛野 秀原
 - Syugen Kushino - 

紹介

帝京大学卒業後、虎の門病院の内科病棟に勤務。糖尿病患者や、透析導入された患者の退院指導を行う。そのなかで、患者が自宅に帰った後、どのように過ごしているのか気になり、在宅医療に興味を持つ。1年間、他事業所で訪問看護を経験。終末期の利用者、家族のケアを行うなか、自分の力不足を感じ、東京共済病院に再就職。肺癌などの終末期患者や、家族と関わり家に帰してあげたいと強く思い訪問看護に戻ることを決意。幼少期を過ごした町に、訪問看護を通して社会貢献したいと感じ、就職活動中にウィル訪問看護ステーションと出会い入社。

ウィル訪問看護ステーションメンバーとの出会い
そして事業ミッションへの共感

看護師 保健師 コミュニティーナース

藤井 達也
 - Tatsuya Fujii - 

紹介

名古屋大学卒業後、聖路加国際病院にて救命救急センターに配属される。その傍、コミュニーティナース活動にも参画し、地域の健康づくりに関心を寄せる。ウィル訪問看護ステーションのメンバーと出会い、優秀かつユニークさ、働き方の自由さ、そして事業ミッションへの共感から転職を決意。若い看護師だけではなく、子育てと両立しながら訪問看護に従事するメンバーがいたことも参画の決め手の一つ。現在、新人訪問看護師として修業中。

子どもと家族の成長につながるために
看護として出来ることを探究したい

看護師 保健師
慶應義塾大学健康マネジメント研究科看護学専修 博士課程在学中(修士課程修了)

岩田 真幸
 - Masayuki Iwata - 

紹介

慶應義塾大学看護医療学部卒業後、大学病院小児病棟で看護師として従事。大学院進学をきっかけに、病院とは異なる環境で、より広い視野で子どもと家族の闘病を理解したいと思い、訪問看護の世界に飛び込む。現在、ウィル訪問看護ステーションにて訪問しながら専門家チームにも所属し、小児看護分野にて教育、コンサルテーションなどの役割も果たす。勤務しながら慶應義塾大学健康マネジメント研究科看護学専修 修士課程修了し現在は同博士課程に在学。

■子どもと家族が持つ力を引き出し、支えるために

子どもや家族がもつ力を引き出す援助や、子どもと家族が闘病生活を前向きに意味づけられるための援助に関心をもち、実践と研究を行っている。


■経歴

2010年 慶應義塾大学看護医療学部 卒業
2010年 慶應義塾大学病院小児病棟 勤務
2016年 慶應義塾大学健康マネジメント研究科 修士課程修了
2016年 慶應義塾大学健康マネジメント研究科 博士課程入学
2018年 University of Washington, School of Nursing, PhD program Visiting Graduate Student 修了


■主な出版

■Iwata, M., Saiki-Craighill, S., Nishina, R., & Doorenbos, A. Z. (2018). "Keeping pace according to the child" during procedures in the paediatric intensive care unit: A grounded theory study. Intensive Crit Care Nurs. 46: 70-79.
doi:10.1016/j.iccn.2018.02.006

病気をもった方も″家で過ごす″
が当たり前な沖縄にしていきたい。

ウィル訪問看護ステーション豊見城 所長
看護師

山川 将人
 - Masato Yamakawa - 

紹介

沖縄県立看護大学卒業後、神奈川にある湘南鎌倉総合病院にて、外科病棟で勤務。患者さんの家に帰りたいという思いを実現すべく、退院支援ナースとして病棟で経験を積み、訪問看護師へ。前職では約30名弱の看護師が働く、24時間365日の訪問看護ステーションに管理者として従事。がん末期、神経難病、認知症独居など困難ケースの退院調整などにも数多く対応する。地元沖縄で少しでも多く、家に帰る選択肢を提供すべく、沖縄県豊見城市に訪問看護を立ち上げる。

■沖縄に24時間365日の訪問看護ステーションを。

出身地である、沖縄でも在宅ケアを広めていきたいとの想いより、沖縄での24時間365日の訪問看護ステーションの独立を決意。看護の力だけなく、医療、介護、福祉すべての人の力を借りながら、利用者、家族を支えていきたい。
趣味はフルマラソンに出ること。体を動かすこと。お酒が好き。


■経歴

2008年 沖縄県立看護大学卒業
2008年 湘南鎌倉総合病院 外科病棟勤務 退院支援ナース担当
2013年 ケアプロ株式会社 ケアプロ訪問看護ステーション東京 3年間所長として勤務
2014年 島根県雲南市で「地方創生事業による中山間地域における訪問看護事業支援」として1年間ハンズオン支援
2016年 (株)ゆいんちゅ設立 代表取締役、ウィル訪問看護ステーション豊見城 所長
2017年 海邦病院訪問看護ステーション所長、琉球大学付属病院師長 在宅研修実習受け入れ対応


■現職

WyL㈱ 取締役
沖縄訪問看護連絡協議会 実務者委員
那覇市在宅医療・介護連携支援ネットワーク協議会作業部委員
沖縄県立看護大学同窓会 理事


■主な登壇・執筆

■琉球大学付属病院 退院支援スキルアップ研修
■平成29年度在宅医療・介護連携推進事業 第3回大症例検討会

人と人の″繋がり″を大切にし
利用者・家族の生活を全力で支えていきたい。

看護師

山川 竜一
 - Ryuichi Yamakawa - 

紹介

沖縄看護専門学校卒業後、大浜第一病院へ入職し、脳神経外科・整形外科・循環器内科にて5年勤務。その後、浦添総合病院ICUにて5年勤務し呼吸療法士取得。急性期看護の中で退院後の患者・家族の支援に興味を持ちウィル訪問看護ステーションへ入社。 在宅では利用者・家族の生活を包括的に把握し他職種との連携によるケアを大切にしながら安心できる療養生活を提供できるサポートをしていきたい。
趣味は釣り・アウトドア

利用者と家族が「家で自分らしく生活できる」
ことを支えるために

看護師

山川 史帆
 - Shiho Yamakawa - 

紹介

静岡県出身。神奈川県にある湘南鎌倉総合病院で4年間一般外科病棟を経験後、結婚を機に東京杉並区に引っ越し、家庭医療科外来を1年経験し家族と共に沖縄へ移住。 看護をする上で大切にしたい事は、少しでも明るい気持ちになれること、笑顔になれること。 訪問看護は看護の原点だと学生時代から感じ、利用者と家族が「家で自分らしく生活できる」ことを支えるために、ウィル訪問看護ステーション豊見城の開設段階から参画。3歳の娘の子育てと勤務を両立中。趣味はウィンドウショッピング・娘と行く公園開拓

「疾患や障害を持ちながらでも、好きな場所で
好きな人と暮らしていけるような看護がしたい」

看護師 保健師 呼吸療法認定士

當山 春奈
 - Haruna Toyama - 

紹介

沖縄県立看護大学卒業後、那覇市立病院でICU・血液内科病棟にて約5年間勤務し呼吸療法認定士を取得。その後、西原町役場にて保健師として約1年間勤務。急性期病院・地域保健を経験していく上で、「疾患や障害を持ちながらでも、対象者や家族が苦痛少なく、好きな場所で好きな人と暮らしていけるような看護がしたい」と言う思いが強くなったため、【全ての人に、家に帰る選択肢を】という言葉を掲げているウィル訪問看護ステーション豊見城に惹かれ入職。利用者様・家族様が安心して生活していけるよう、1人1人との関係を大切に、関わっていきたいと思っている。
趣味はボルダリング・食べること・寝ること。

もっと患者とゆっくり関わる時間を持ちたいと思い
訪問看護へ転職

看護師

諸見里 紗耶花
 - Sayaka Moromizato - 

紹介

沖縄看護専門学校卒業後、浦添総合病院のICUにて7年間勤務。急性期看護の経験を通して、もっと患者とゆっくり関わる時間を持ちたいと思い、以前から興味があった訪問看護への転職を考えウィル訪問看護ステーションへ転職。訪問看護の楽しさや難しさ色々実感しながらも、利用者とその家族の支えになれるよう日々意識し業務に従事している。

地域で暮らす患者への支援に関わりたい

看護師

儀武 裕子
 - Yuko Gibu - 

紹介

県立浦添看護学校卒業後、中頭病院で勤務。その後、非常勤として訪問看護を経験。利用者様と悩み関わりつつも、在宅で暮らせることの良さを実感。ご本人の意思決定支援を大切にする、ウイル訪問看護ステーションの思いに惹かれて入職。病気や障害をかかえていても、地域でその人らしく、安心して過ごせる環境つくり、支援に関わっていきたいと思います。

もっと患者さんや家族の話をゆっくり聞きたい。
一緒に悩んで支えられるような看護をしたい。

看護師 保健師
高血圧・循環器病予防療養指導士

古堅 梢
 - Kozue Furugen - 

紹介

大学卒業後、琉球大附属病院で8年間循環・腎臓・脳神経・消化器・呼吸器内科に勤務。働いている中で「もっと患者さんや家族の話をゆっくり聞きたい。一緒に悩んで支えられるような看護をしたい。」という思いが強くなり、ウィル訪問看護ステーションへの入職を決意。訪問看護や在宅は初めてであり、悩みながらも楽しみながら沢山の学びを得ている。

地域で退院後の患者や家族を支える仕事がしたい

看護師 保健師

下地 歌織
 - Kaori Shimoji - 

紹介

大学卒業後、神奈川県にある湘南鎌倉総合病院の外科病棟で2年間勤務。その後、琉球大学の脳外科、眼科病棟で4年間の経験を経て、地域連携室で退院調整看護師として2年間勤務。病院ではなく、地域で退院後の患者や家族を支える仕事がしたいと思い、ウィル訪問看護ステーションへ入職。利用者の「在宅で過ごしたい」という思いの支えになれるよう意識し日々勤めている。

病院ではなく自宅や地域で暮らす利用者と
ゆっくりと関わりたい

看護師

知念 夏姫
 - Natsuki Chinen - 

紹介

浦添看護学校卒業後、沖縄協同病院にて循環器内科・心臓血管外科に7年間勤務。その後、約3年間ディサービスや高校の非常勤講師などを経験。病院ではなく自宅や地域で暮らす利用者とゆっくりと関わってみたいという思いから、ウィル訪問看護ステーション豊見城へ入職。訪問看護は初めてで分からないことも多いが、利用者とその家族の支えになれるよう日々努力中。

自分なりにできる形で
地域の方々を心から癒す!という目標を掲げて

看護師

仲座 仁志
 - Hitoshi Nakaza - 

紹介

おもと会沖縄看護専門学校卒業後、神奈川県の聖マリアンナ医科大学付属病院に就職し5年間勤務。循環器を始め幅広く研鑽を積む。当時、地域医療について語り合える先輩と出会い、自分自身の生い立ちに照らし合わせ地域に恩返しがしたいと強く思い、自分なりにできる形で地域の方々を心から癒す!という目標を掲げ、沖縄に戻り浦添総合病院HCUへ就職。新人・現任教育に関与し、INARSのインストラクター取得など多くの経験を積むことができた。より地域医療に近い現場で退院支援についても学ぶ機会を頂き、訪問看護に興味を持ちウィル訪問看護ステーション豊見城へ。これからも自分の言動に責任を持ち、相手に与える影響や快、不快を意識し訪問看護の現場で成長していきたい。

在宅-外来-病棟看護師と協力し
利用者とその家族の生活に寄り添ったケアを

看護師

藤井 彩
 - Aya Fujii - 

紹介

岩手県立水沢看護学院を卒業後、岩手県立中央病院の急性期病棟も勤務。その後、秋田の地域密着型病院で往診・外来業務を経験し在宅医療に関心を持つ。病院で待つだけの医療ではなく、利用者個々の生活の場で医療を提供することの大切さを実感する。今年から昭和病院に勤務したことをキッカケにウィル訪問看護ステーション昭和病院の立ち上げに参加。在宅-外来-病棟看護師と協力し利用者とその家族の生活に寄り添ったケアを提供できるよう日々努めている。

PAGETOP